笑撃”写真初公開!松山ケンイチがド派手ロッカーに大変身

 俳優、松山ケンイチ(23)が主演映画「デトロイト・メタル・シティ」(李闘士男監督、今夏東宝系公開)でド派手メークを施し、過激ロッカーに変身した“笑撃”写真が10日、サンケイスポーツに初公開された=写真上。松山は、ヘヴィメタバンドのカリスマボーカリストがメークを落とすと純朴な青年=同下=に戻る“1人2役”に挑戦。そのギャップが見どころだ。共演にはロバートの秋山竜次(29)、女優の松雪泰子(35)らが決定。松ケンバンドが始動だ!



 「デスノート」シリーズで見せた白塗りメークの天才探偵・Lから、松ケンがパワーアップ。今作では、米ハードロックバンド、キッスもビックリの強烈メークを施したカリスマボーカル・クラウザーに変身だ!!

 原作は、「デトロイト・ロック・シティ」のヒットで知られるキッスをモデルにした若杉公徳氏の人気ギャグ漫画(隔週誌「ヤングアニマル」に連載中)。松ケンは、甘い渋谷系ポップスが好きなのに、敏腕女社長の手によってヘヴィメタバンド「デトロイト・メタル・シティ」(通称DMC)のギター兼ボーカルとして活躍させられる純朴青年・根岸の悲哀を演じる。

 今月8日にクランクイン。松ケンはその数日前に都内のスタジオで、約1時間かけて特殊メークと金髪カツラでクラウザーに変身し、ポスター撮影に臨んだ。原作漫画に登場し、劇中歌としてメロディーをつけたヘヴィメタ曲「SATSUGAI」をBGMに、カメラのシャッターに合わせて絶叫顔を披露した。

 続いてマッシュルームカットのカツラをかぶり根岸になりきると、同じく原作から制作された曲「甘い恋人」に合わせて腰をクネクネ。何にでも変身できる“カメレオン俳優”の本領発揮に、スタッフは思わず大爆笑したという。松ケンは「クラウザーさんになってみて、すべてのものを破壊しようかなって思えるようになりました」と早くも役をつかんだ様子。

 一方でDMCメンバー、ドラムのカミュに秋山、ベースのジャギに昨夏放送のフジテレビ系「ライフ」で悪役・佐古を怪演した細田よしひこ(20)、ドSな所属事務所社長に松雪が決定した。

 イメージとのギャップを買われて抜てきされた松雪は、ボンデージファッションに身を包み、タバコを舌で消したり、メンバーを蹴り倒す役どころに、「原作ファンの期待に応えられるように、楽しんで演じたいです」とドS宣言。過激パフォーマンス合戦が期待できそうだ。


★秋山「原作メチャメチャ面白かった」

 小太りでヲタクの不気味なカミュに、気持ち悪さを表現できるとして選ばれた秋山は「原作を読んでみてメチャメチャ面白かったです。カミュに近づけるよう頑張ります」と意欲満々。

 細身のイケメン・ジャギには、端正な顔立ちと振り幅の大きい芝居ができるとして細田が抜てきされた。彼も原作の大ファンで、「持ち前の根拠のない自信を武器に、悔いが残らないよう一生懸命頑張って臨もうと決めました! あざーす!!」と大暴れを誓った。

http://www.sanspo.com/geino/top/gt200803/gt2008031104.html

----------------------------------------------------------------

泰子要演出「重金搖滾雙面人」的電影版,
她將飾演裡面有擁超級虐待狂傾向的社長XD

本片主角為松山研一,其他演員還有跟泰子同經紀公司的細田よしひこ,
及秋山龍次、溫水洋一。

官方網站:http://www.go-to-dmc.jp/

    全站熱搜

    matsuyuki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()