松雪泰子、役作りに苦心…「余命」プレミア試写 昨年12月から全国チャリティー試写会を行ってきた映画「余命」(2月7日公開)の東京プレミアが21日、都内で行われ、主演の松雪泰子(36)、椎名桔平(44)、生野慈朗監督(58)が舞台あいさつに立った。 谷村志穂さんの小説が原作。結婚10年目にして初めての子を授かりながら、乳がんが再発したことで、大きな決断に迫られる女性を描く。映画のテーマにちなんで劇場には約50人の妊婦さんが駆け付けたが、全国8か所すべてを回り、この日ゴールを迎えたヒロイン・雫役の松雪は「東京に帰ってこれてホッとしています。心理状態をつかむのにとても難しかった」。夫役の椎名は「とても優しいが、その分頼りない夫の役でしたが、そういう男もいいのかなと思った」と話した。またこの日、チャリティー料金の一部が日本対がん協会に寄付された。 http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20090122-OHT1T00057.htm松雪泰子「命への思いより深いものに」 女優、松雪泰子(36)と俳優、椎名桔平(44)が21日、都内で行われた主演映画「余命」(生野慈朗監督、2月7日公開)のプレミア試写会で舞台あいさつした。  1児の母でもある松雪は、妊娠とともに乳がんが再発する女性の物語に思い入れも深かったようで、「この映画を見れば、生まれいずる命への思いがより深いものになると思う」としみじみ。椎名も頼りないが優しい夫役に「今の時代、女性が働いて帰ってきた時にホッとする男性像が求められているのかも。自分の価値観が変わった」と告白。作品を通じ、夫婦のあり方について考えされられたようだ。 http://www.sanspo.com/geino/news/090122/gnj0901220502007-n1.htm 松雪泰子主演映画に妊婦50人を招待 映画「余命」(2月7日公開)のプレミア上映会が21日、都内で行われ、主演の松雪泰子(36)椎名桔平(44)生野慈朗監督(58)が舞台あいさつで登壇した。

 38歳の女医が妊娠後に乳がんを再発し、子供を産むかどうかの選択を迫られるというストーリーにちなみ、妊婦50人を招待。

 松雪は「生きていること、命の存在は素晴らしい。温かい気持ちを持ち帰って頂けると思います」と話しかけた。今月11日までに地方8都市でチャリティー試写会を行い、約2500人が参加。売り上げの一部、20万円をこの日、日本対がん協会へ贈呈した。

 [2009年1月21日17時51分]

http://www.nikkansports.com/entertainment/cinema/news/f-et-tp1-20090121-452347.html

 

昨天「余命」在日本東京舉行了小型試片會,

請來了50位孕婦到場參加~

在這之前松雪還跑了八個城市舉行慈善試片會,

八場約2500人參加,其中20萬圓在昨天捐給日本抗癌協會~

 

全站熱搜

matsuyuki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()