「砂の器」の舞台にも…“ロケ名所”の学校全焼

 25日午前零時ごろ、茨城県大子町矢田の旧大子町立矢田小学校から出火、木造平屋の校舎約1100平方メートルを全焼した。廃校から3年以上たっており、普段は火の気がないことから、大子署は放火や失火の可能性も含め出火原因を調べている。

 校舎は1910(明治43)年に建築。町内の小学校統合で2001年3月に廃校となったが、風情あるたたずまいが評判で、最近ではTBS系ドラマ「砂の器」(1-3月放送)や同「さとうきび畑の唄」(03年9月放送)のロケにも利用された。

 校庭のエノキの大木にちなみ、地元では「えのきの学校」と呼ばれ、黒板の日付や教室の絵を廃校の日のままに保存。地元有志が管理していた。同町では「100年続いた地元の財産で、大きな損失」と残念がった。

ZAKZAK 2004/06/25

----

資料來源:http://www.zakzak.co.jp/top/2004_06/t2004062522.html

另一篇,內容一樣
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/flash/KFullFlash20040625013.html

這間近100年的校舍,在25日凌晨12點許因為火災而全毀,
不過因為這間學校已經停止使用超過三年,
所以沒人傷亡,只是大子町少了一個屬於大家的財產><

全站熱搜

matsuyuki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()