分類:食肉目イヌ科キツネ属

學名:Vulpes vulpes schrencki

分佈:日本の北海道、千島列島南部、サハリン

身高及體重:60~80cm。しっぽの長さは30~50cmくらいある。
      体が細く、しっぽは太い。体重は平均5~10kg。

顏色:赤褐色で、腹から胸、ふさふさで長いしっぽの先は白。

家族:2月上旬から3月中旬に交尾期を迎え、約52日の妊娠期間を経て、3月下旬から4月の中旬にかけて巣穴で平均3~5匹の子を産む。子育てはとても献身的で、初秋に子別れの時期を迎えるまで仲良く一緒に暮らす。とりわけ特徴的なのは、父親が育児に参加するということ。他の哺乳類の家庭は皆、母子家庭であり、日本に生息する哺乳類で家庭の中に父親がいるのは“キツネ”“タヌキ”そして“ヒト”の3種類のみである。


---

資料及圖片來源:http://helen.yahoo.co.jp/index.html

全站熱搜

matsuyuki 發表在 痞客邦 留言(0) 人氣()